スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

   

⇒ 女性デイリーランキング

⇒ 男性デイリーランキング

category : - | - | -
ページトップ▲

裁判員裁判で初の性犯罪

最近思うのですが、裁判員制度は「裁判の公開」を規定している憲法の条文に
違反しないのでしょうか?


2日、全国で3例目となる裁判員裁判が青森県の青森地裁で開廷しました。
今回は制度初の性犯罪事件を扱うことになります。

強盗強姦罪などに問われている住所不定、無職の田嶋靖広被告(22)は、
女性2人に対する強盗強姦罪その他の4つの事件で起訴されています。
田嶋被告は容疑を全面的に認めているということです。

今回の注目点は2つあります。

まずは量刑の重さです。
暴力で性を踏みにじるという悪質かつ感情的な事件なので、
裁判員たちがどのように判断を下すのでしょうか。

もう1つの注目点が、2人女性被害者のプライバシーをどのように守りつつ
裁判を進行させるのか、というところです。

裁判所では、被告人質問においてビデオリンク方式が採用し、
被害者が法廷とは離れた別室において、映像と音声で意見陳述を行うということです。

強姦は量刑が軽く、再犯制の高い犯罪と言われています。
そのために日本でも急増している犯罪の1つです。

今回の裁判によって厳しい量刑が下されれば、強姦という犯罪が減少する可能性もあります。

被告は22歳と若いため、量刑を下すのに2つの考え方があると思います。

1つは、量刑を軽くして更生をうながすというもの。
もう1つが、量刑を重くするもの。

22歳ですから、10年の刑に服しても社会更生する時間は十分に残されています。

2日の青森地裁には、38枚の一般傍聴券を求めて約26倍の977人が長蛇の列を作ったということです。
とくに女性の姿が目立ったということで、青森市に住む主婦は、

「報道で見て興味を持ちました。裁判員裁判になって、性犯罪事件の審理が
どう変わるのか、女性の立場で見守りたい」とコメントしています。


Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090902-00000039-jij-soci

レーシックで近視を矯正
30代で転職を考える場合
ユーロの動向
   

⇒ 女性デイリーランキング

⇒ 男性デイリーランキング

category : ニュース | - | -
ページトップ▲

スポンサーサイト

   

⇒ 女性デイリーランキング

⇒ 男性デイリーランキング

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
裁判員裁判で初の性犯罪 | とれなびサイトトップへ
婚約指輪